スッキリ気持ちいい裸眼ライフ【矯正で目のアンチエイジング】

menu
サッカーをしている男性の目

最新設備

最新設備とアフターケアが充実

瞳のアップ

日頃からメガネを掛けていて煩わしいことがありませんか。コンタクトレンズは不向きで、毎日のメガネでの生活に悩んでいる人にはレーシック手術がお勧めです。名古屋のレーシックを専門に扱う眼科では、価格面だけでなくその技術力の高さから実績を重ねた眼科が高評価を受けています。名古屋で人気のレーシック専門クリニックでは最新型の手術機材を設置し、以前よりも安全、精密な手術が可能になっています。近視だけでなく遠視や乱視の矯正もでき、毎年かなりの数の手術をこなし、視力回復に成功しています。手術後のケアも万全で、ケアに使用する点眼薬の費用や、万が一の視力の再低下、見え方が回復しないなどの時には保証が充実しています。

名古屋の眼科の高い技術力

名古屋でのレーシック手術は入院の必要がなく、所要時間は10分程度となっています。レーザーを角膜に照射して、角膜の形状を変えることによって屈折率を調整します。近視や遠視、乱視の見え方は網膜上に正しく焦点が合わなくなることで見えにくくなります。角膜の形状が変わると網膜にピントが合い、物が見やすくなります。手術前には点眼麻酔を施すので、手術中の恐怖感はあまり感じられません。まずはレーザーで角膜表面に蓋のようなフラップを作成します。この蓋を開き、内部にレーザーを照射することで角膜の形状をコントロールします。調整後はフラップを元に戻すと自然と角膜に接着されます。名古屋の専門眼科では技術力が優れていますが、角膜が薄い人や不定形の人には手術が向かない場合がありますので、違う対処法を相談しましょう。