スッキリ気持ちいい裸眼ライフ【矯正で目のアンチエイジング】

menu
サッカーをしている男性の目

裸眼生活へ

レーシックの始まり

ガッツポーズする女性

レーシックを行う眼科は、昔と比べて徐々に増えています。名古屋でもレーシックを行う眼科は複数あり、地域住民や有名な眼科は遠方から通院する人もいるほどです。 このレーシックの始まりは、1869年に行われた屈折矯正手術がきっかけとなっています。目の角膜を切って屈折を変えることで、視力回復に期待できるということから注目されてきました。それから手術どんどん進化していき、1990年代から本格的にレーシックが行われるようになってきたのです。 日本でもそれを受ける人が急増し、2000年代には毎年数万人に及ぶ人が手術を受けています。名古屋でも、この間にレーシックを取り入れる眼科が目立ってきました。 本格的なレーシック手術はその歴史もまだ新しいですが、その技術の進化も含めて、これからの効果にますます期待されています。

大きなメリットと今後

このレーシックを受けることで、裸眼のままで視界がはっきりと見えてくるようになります。それまで手放せなかったメガネやコンタクトが不要になるので、毎日の生活もとても快適になってきます。 このようなメリットがあるため、レーシックは人気があり、名古屋でも手術を受ける人が後を絶ちません。今までの手間が省けるだけでも気分がだいぶん変わってくるので、とても魅力的な手術なのです。 ただレーシックは保険が適されないため、費用はどうしても高くなってしまいます。しかし、眼科によってその費用の設定に違いがあるので、安く手術が受けられる眼科も名古屋にはあります。そして、その安全性にもこだわりを見せるようになってきました。 今後もこういった費用や安全性を含めた課題から、気軽に受けていきやすいレーシック手術の実現が望まれている状況です。